沿革

創業以来、国内外の信頼を獲得

1984年の創業以来、空の物流を支えてきました。安全安心を旨とする関西エアカーゴセンターの業務に信頼を寄せる航空会社より評価を得ております。
今後も未来にむけてさらに活躍できる場を広げてまいりたいと思います。

1984年8月 大阪国際空港ターミナル株式会社(大阪府・大阪市・兵庫県・神戸市が株式の50%、関西財界各企業が50%を保有するターミナルビル運営会社)の関連会社として創立。大阪国際空港にて輸出共同上屋を運営。
1994年9月 大阪国際空港における輸出共同上屋を廃業し、関西国際空港にてCKTS株式会社から搭降載業務、輸出上屋業務、輸入上屋業務等の受託開始
2008年7月 当社全額出資子会社である羽田エアグランドハンドリング株式会社を設立。
2014年12月 新関西国際空港エンジニアリング株式会社から事業譲渡を受け整備業務を開始
2016年4月 関西国際空港と大阪国際空港の統合に伴い関西エアポート株式会社が発足したことにより関西エアポートグループとなる
2018年3月 子会社の羽田エアグランドハンドリング株式会社の搭降載業務をCKTS株式会社に事業統合

2017年度の取り扱い量

搭降載業務 取扱便数 年間11,972便 対前年比120%(旅客便・貨物便合計)
輸出輸入貨物取扱業務 貨物取扱量 年間114,528トン 対前年比109%(輸出・輸入合計)

取り扱い航空会社一覧

※順不同

旅客便
  • キャセイパシフィック航空
  • エールフランス航空
  • エアカナダ
  • エアインディア
  • フィンランド航空
  • 奥凱航空(オッケーエアー)
  • エアプサン
  • 天津航空
  • KLMオランダ航空
  • マレーシア航空
  • エアカレドニアインターナショナル
  • タイ国際航空
  • ティウェイ航空
  • 四川航空
  • セブパシフィック航空
  • チェジュ航空
  • 雲南翔鵬航空(ラッキーエア)
貨物便
  • キャセイパシフィック航空(カーゴ)
  • カーゴルクスイタリア
  • エアーホンコン
  • SFエアラインズ